■願望を人に言う快感

こんばんは、行動強化コンサルタントの石田久二です。


しばしば、「願望」は人に言うべきか言わざるべきか、という論争が起こりますが、結論的には「人による」となります。もっと正確には「その人の状況による」です。


ただ、どちらかと言うと「言う」ことの方が、実現に向けて加速するとは経験的にも思いますが、そうでないケースについて書きたいと思います。「願望」を人に言うことで、帰って実現を遠ざけるケースについて。


それは「願望」を人に言うことそれ自体が「満足」になるケース。ただし、このケースは往々にして周囲が悪い。それは素直に賞賛してあげるから。例えば、「ボクは将来、南の島の別荘を買って、そこでボクの楽園を作って楽しく暮らすんだ」と言ったとしましょう。何か返事をしないといけない場合、普通の人は衝突を避けたいと思うので、「へ~、すごいですね~」と思ってもいないリアクションをとったりします。


そこで言った人はこの「すごい」が快感になって、そこで目的を果たしてしまうのです。フェイスブックなどにも「宣言」をする人がいますが、それは本当に自分を追い込んで行動を加速させるためなのか、単に「いいね」が欲しいだけなのか。こんなとき、フェイスブックの最大の特徴でもある「いいね」が逆効果になります。


本当であれば、ブログに書いたとしても、誰も反応はしてくれない。だから、それが気持ち悪くなって、本当に実現に向けて動き出すことはある。実現して初めて「いいね」と言ってもらえるから。しかし、フェイスブックの場合は、実現する前に「いいね」と言ってもらえるため、そこで承認の満足が満たされてしまうのです。


そのように、もしも本当に叶えたい願望があるのであれば、それを実現させるためにエネルギーを使うべき。だけど、中途半端な承認はそのエネルギーを奪ってしまいかねません。その辺をわかって上で、宣言するか、フェイスブックに書き込むようにした方がいいでしょう。


別荘の例以外にも、「山籠もりして修行する」などのストイックな宣言についても同様。本当に籠もるのなら、何も言わずに籠もればいい。だけど、それを言うことによって、周囲から「すっご~い!おもしろ~い!」と言われ、それが快感になっているようでは、絶対に籠もらないでしょう。籠もってしまったら、その快感を得られないのだから、そんなもったいないことをするはずがありません。


「願望」を人に言うことによる快感には要注意です。


カテゴリー: ◆目標達成・願望実現 | ■願望を人に言う快感 はコメントを受け付けていません。

■パーシーはパーシー

こんばんは、行動強化コンサルタントの石田久二です。


先日3歳になったばかりの息子(あきら)の話ですが、この一年ほど「機関車トーマス」に夢中です。中でも好きなのは、緑色のボディのパーシー。一年前はいつもトーマスとパーシーのミニカーを両手に持って片時も離しませんでした。


今、毎週日曜日の朝に「機関車トーマス」のテレビで放映されているのですが、先週は「パーシーはパーシー」という話でした。内容は小型のボディのパーシーが、大型で力強いゴードンに憧れ、無理に走ったりするのですが、結局、周囲に迷惑をかけてしまい、最後は、「ボクはドジなパーシーでいいんだ」と締めくくります。


決して諦めとか悪い意味ではなく、自分は自分なんだ、、、という気付きです。


それを見た息子は、ここ最近、

「お父さんはお父さん」
「お母さんはお母さん」
「あきらくんはあきらくん」


と私たちに言ってくるようになりました。


これ以上の真理はないんじゃないでしょうか。息子は3歳にして悟ったようです。

$「信念が人生を創る!」石田久二公式ブログ


カテゴリー: |―覚醒・悟り | ■パーシーはパーシー はコメントを受け付けていません。

■金星見ましたか?

こんにちは、行動強化コンサルタントの石田久二です。


今朝は「金星が太陽の手前を横切る珍しい現象」がニュースをにぎわせていました。48時間以内には完全に忘れ去られ、今年の年末にこの話題を振ると、場が一気に盛り上がることは間違いありません。

「今年は、、、あ、そうそう、金星が太陽を横切ったよね!」

を忘年会の合言葉にしたいほど、どうでもいい話題でした。先日の日食ならまだしも、金星が太陽を横切るのがそんなに面白いのでしょうか。ニュースで見ましたが、太陽をアップにしてもただの「点」にしか見えません。しかも、レンズを買ってわざわざ見ようとしないと見えません。


なぜに、そんなしょうもない「点」をわざわざ見ようとする人がたくさんいるのか。理由は、次回が105年後だからです。これぞまさに「希少性の法則」です。名著「影響力の武器」より引用します。

私はそれまで教会堂を訪れる気になったことなどありませんでしたし、モルモン教について調べてみたいと思う疑問もありませんでしたし、もとより教会建築などに興味もなく、この土地の他の教会で目にするもの以上に壮観で感動的なものに出会えるとは思えなかったのです。話をしているうちに、その教会堂の持つ特殊な魅力が、唯一の原因であることが明らかになりました。つまり、もし私が制限つきの区域をすぐさま体験しておかなければ、もう二度とそのチャンスは訪れないかもしれないのです。それ自体には本来はほとんど魅力を感じなかったものが、見ることができる可能性が急速に少なくなりつつあるという理由だけで、ずっと魅力的なものに思えてきたのです


この世の中は本来、何の意味も価値もない無色透明。色即是空。だけど、そこに「希少性」なるファクターが入ることで、急にそれが魅力的なものに思えてしまうのです。


もしも毎日、金星が太陽を横切っていたらどうでしょうか。誰も見ようとはしないでしょう。また、もし仮に「月」が10年に一日だけしか見られないものだとしたらどうでしょう。その日の前後は間違いなく経済活動や株価に影響するほど、もの凄い大騒ぎになっていることでしょう。そう言えばハレーすい星もそうでしたね。


本来、何の価値のないものを、とたんに魅力的に見せるには、そこに「希少性」を与えればいい。商売上手な人は、大なり小なり、これをきちんと心得て使っています。今回の金星通過現象を見ても、やはりその法則は生きてるんだな~と改めて思いました。


ただ、そうは言っても、こんな機会にこそ自然や科学に目を向ける、一つのきっかけになればいいな~とも思っていますし、私もどちらかと言うとそっち派です。年末は金星の話で盛り上がろうと思います。


カテゴリー: |―集客戦略・戦術 | ■金星見ましたか? はコメントを受け付けていません。

■突然の睡魔の活用法

おはようございます、行動強化コンサルタントの石田久二です。


ここ数日、11時に寝て4時か5時に起きる日が続いています。12時ちょっと前になることもあるのですが、起きるのは決まって5時前。ですので、睡眠時間は5~6時間と言ったところ。決して少ないとまでは言わないものの、日中に少し眠くなる程度には多くないようです。


そして今さっきの話、突然、メッセージが降りてきました。それは、

「質問せよ、さらば教えん(質問しなさい、そうすれば教えましょう)」

誰が言ったのか。私の「潜在意識」がそう言いました。そして、

「では、何かメッセージをください」

と言って、目を瞑るとすぐに眠くなり、睡魔がふっと襲ってきた瞬間、次のメッセージを頂きました。

「シャキシャキは精気精気」

何のことかわかりませんが、シャキっとしていたら精気がみなぎるってことでしょうか。ただ、このことからちょっとヒントを頂きました。


眠いけど寝ていない。この状態は一種の「催眠」であり、思考がダウンしている状態となります。つまり、潜在意識(無意識)がむき出し状態。そうなる前に、潜在意識に対して何かの質問をすれば、いろんなイメージやメッセージが送られてくるようです。


日中に作業をしていた、ちょっと睡魔が襲ってきたら次回もやってみようと思います。面白い結果が得られたら、またご報告させて頂きますね。


カテゴリー: |―潜在意識の活用法 | ■突然の睡魔の活用法 はコメントを受け付けていません。

■風水の本質

こんばんは、行動強化コンサルタントの石田久二です。


西に黄色をおくとお金が貯まる。「風水」の一般書でよく見る話です。しかし、結論から言うと、「風水」の本に書かれてあることのほとんどは根拠のないデタラメです。ここまで言い切ってしまえるには根拠があります。あえて参照はしませんが、例えば風水の本が3冊あれば、どれも違うことが書かれてあるからです。



もちろんそれぞれの本の立場からは、すべて正しい視点で書かれているのでしょう。ですので、特定の一冊のみに依拠している限り、その人にとってはデタラメとは言えないことは認めます。しかし、大きく「風水」というジャンルに乗せた場合、同じ内容に対して矛盾・拮抗する主張があれば、風水そのものはデタラメとなってしまうのです。


その点、自然科学は違います。仮に拮抗する主張があったとしても、それは実験や論証によって決着が付くものだし、そうすることを科学者自身が一番望んでいます。それに対して、風水は違います。そもそも客観的根拠もないのだから、自分が正しいと言い合うだけで、交わることも、もちろん決着が付くこともありません。


しかし、そんな風水でも、たった一つ、意見のすれ違わない主張があります。10人の風水があれば、10人全員が認めるセオリー。それは、

「掃除」

です。「掃除」を否定する風水師はまずいません。いたとしたら、その人は元々風水のジャンルにない人なのでしょう。と言うことは、ここに風水の本質が見て取れます。風水とは実は、掃除の言い換えだったのです。つまりは「掃除」さえきちんとしておけば、風水で得られる効果がきちんと現れることになるのです。


カテゴリー: |―開運・金運 | ■風水の本質 はコメントを受け付けていません。