■5月9日(土)/東京/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ・グループセッション(女性限定)



<セミナーのお申込みはこちら>


こんにちは、石田久二です。約2年ぶりにこのテーマにてセッション・セミナーをさせていただくことになりました。その名も「一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ・グループセッション」で、今回も「女性限定」にて開催させて頂きます。


これまで主に「願望実現」をテーマに、様々な形態のセミナーを開催してきましたが、中でも多いのが「収入」と「恋愛」に関する願望。特に石田のセミナーは「30歳以上の女性」が参加者の大半を占めることもあり、とりわけ「結婚」をテーマとする女性と数多く出会ってきました。


ずっと結婚することを願っているのに、なかなか思い通りに進まない。その理由として「心理的要因」は決して小さくはありません。たとえば、

・いわゆる適齢期を過ぎた女性は結婚に不利だ
・自分は容姿がよくないから好かれない
・自分は結婚する運命にないのでは
・いわゆる「いい男」はほとんど結婚している
・おしゃれやお化粧をするのに抵抗がある(スカートがはけないなども)
・頭ではそう思ってないのに、どこか男性が苦手なところがある
・付き合うことはできるが、長く続かないので、結婚のイメージができない
・なぜか問題のある男性(DV、働かない、浮気癖など)にばかり魅力を感じてしまう
・これまで好きになった男性はほとんど妻子持ち


などの「思い込み」や「パターン」に心当たりがあれば、何らかの心理的要因を疑ってもいいと思われます。その要因の多くは、過去の刺激や反復によって組み込まれたものであり、それは「人生脚本」として知られています。


主に0歳から3歳の間に生命や存在にかかわる「脚本」のコアが作られ、その後、15歳くらいまでにおおよその人格が形成されると言われます。そしてその後は、その生活(つまり人生脚本)の通りに動き、むしろ脚本を強化するような体験を積み重ねます。


しかし、「人生脚本」はいつからでも組み替えることが可能です。つまり、性格は変えられるし、人はいつからだって変われるのです。

m030240


その際、「人生脚本」のコアとなる「思い込み」をいくつかの「ビリーフ」として定め、セッションではそれらのビリーフを特定するとともに、わずかな時間で「変革」させることを目的とします。


たとえば、代表的なビリーフがいくつかありますので、もしあなたが「結婚・恋愛」について一歩前進したいと思っているのなら、一つ一つチェックしてみるといいでしょう。



□存在してはいけない

<状況>
最も深刻なビリーフであり、これがあると、恋愛・結婚だけでなく、あらゆる願望の実現が妨げられてしまいます。または逆に自らの「存在」を認めさせようとするあまり、過剰な行動に出てしまい、結局自滅してしまいます。

<解決>
傷ついたインナー・チャイルド(幼少期に形成された人格)を徹底的に癒すことが重要。ただ、この場合の癒す主体は他人ではなく自分自身です。また、人は産まれながらに「存在」する価値がある、という絶対の「事実」を体験することでも劇的な変化が起こります。



□自分らしくあってはいけない

<状況>
幼少期から何かと「~でなければならない」と教育され続けると、本当の自分がわからくなり、常に何とも言えない「不一致」を感じながら生きることになります。また、これは「性別」についても言え、両親から過剰に「女らしくあれ」、「男の代わりになれ」などと言われ続けると、自らの「性」への不信感を持つようになります。

<解決>
本当は自分はどうありたいのか。どう接して欲しいのか。そのことに素直になることがスタートです。そして周囲がどんな接し方をしていようが、自分は自分らしくあること認める。そのための決断をすることで、ビリーフは書き換えられます。



□愛情を感じてはいけない

<状況>
人は幼少期に主に両親から「愛情(愛着)」を与えられて育ち、それが世の中に対する「安心・安全」をもたらします。それを「安全基地(セキュアベース)」と呼ぶのですが、幼少期における「愛情」が不足して育つと、「安全基地」が築かれず、常に漠とした不安感を持つようになります。それにより男性に対して心を任せることができなくなります。

<解決>
んだと認めること。そのためには、「存在」と同じく、自分で自分を愛すること、そして他人からの「愛情」を身体で受け止めるトレーニングが効果的です。このビリーフを解消するには比較的時間がかかると言われていますが、きっかけをつかまずして前に進むことはできません。



□重要であってはいけない

<状況>
幼少期から「おまえはダメだ、こうあるべきだ」などと言われて育つと、自分に対するイメージが低下してしまいます。その結果、誰かを好きになっても「こんな自分にはふさわしくない」と思い、つい引き下がってしまいます。

<解決>
自分は他人の価値観で生きていいのか。そのことに対する問い直しをします。誰がなんと言おうと、自分は「どう」ありたいのかを再確認することで、パートナー選びにも臆せず、堂々と恋愛・結婚に踏み切ることができます。



□子どもであってはいけない

<状況>
主に長女、及び長女的な役割を担ってきた方に多く、必要以上の責任感を背負ってしまいがち。その結果、「私が母や父の面倒を看なければダメだ」などの不合理な思い込みを持ち、婚期を遅らせることがあります。また、「頼りがいのある姉貴肌」の性格の人も多く、「私が面倒を見るべきだ」のような思い込みが、いわゆる「ダメンズ(面倒見てもらいたがる男)」を引き寄せてしまいます。

<解決>
必要以上に責任感を持つことが、知らず知らずに自らを「不自由」にしている側面があります。そのような責任感を持つことのアイデンティティを守るか、またはそれまでの責任感からキョリを置きながらも、自分らしく自由になる道を選ぶかの決断が求められます。なお、このビリーフを持つ人は、セッションの効果が比較的よく現れるようです。



□感じてはいけない

<状況>
喜び、怒り、悲しみ、恐れなど、人間にとって基本的な感情を抑圧されて生きている状態であり例えば「女の子は怒ってはいけない」などと言われて育つと、本来、腹を立てて感情処理すべきところを、悲しみに置き換えてしまうことがあります。つまり、感情の不一致により、表情や表現を素直に出せずに、相手に不安感を抱かせてしまいます。

<解決>
まずは「感情」を素直に出すトレーニングが重要です。「感情」は心ではなく身体の働きであることを理解し、物理的に処理する習慣を付けると、心と身体が一致し、自然な態度で人と接することができるようになります。



□近づいてはいけない

<状況>
親から虐げられた経験がある、学校等で同級生から無視や暴力を振るわれたことがある、異性からからかわれたことがある、などが深い傷として残っている場合、「人=危険」と反応し、近づきたくても身体が人を拒絶してしまいます。

<解決>
人の近づいても安心である体験を積み重ねます。絶対に安心な場所で、絶対に信頼できる人たちとの交流、ふれあいを通して、「人=危険」という身体反応を徐々に緩和させることによって、異性に近づくことへの抵抗が薄れます。



□セクシーになってはいけない

<状況>
これまで「性」に関する嫌がらせ等を受け、それが心の傷として深く残っている場合、男性とのセックスを避けたくなるばかりでなく、女性としての魅力を無意識のうちに低めようとします(太る、激ヤセする、化粧しない、男っぽくふるまう、など)。

<解決>
性的嫌がらせをされた自分のことをまずは許します。嫌がらせをする方が悪いのであって、自分が悪いのではありません。ビリーフは「感情」を凍結することで保持されているため、その凍結をほどき、セクシーであることへの許可を出します



□成長してはいけない

<状況>
小さく子どもであることを親が望んでいた場合、そのまま心理的に子どものまま育つことを選んでしまいます。その結果、恋愛感情を持たれなかったり、過剰に男性に甘えたりするなど、対等のパートナーとして認められにくくなります。

<解決>
親との精神的な決別が何より大切です。親が自分に何を望もうとも、自分は成長していくことを決断します。ただし、子どもであることはその人にとっての一種の安全基地であるケースも多いので、そのことに自覚的になり、少しずつでも成長を許可することが重要です。

pet0028-049

以上が「恋愛・結婚」を妨げる代表的なビリーフですが、もちろん、人によってビリーフにも様々なバリエーションがあります。そこでは実際のセッションにおいて明確にし、クライアントの望むべき方向にふさわしいビリーフチェンジ(再決断)をすることが重要です。


ビリーフの特徴は、それを放置しているとどんどん強化されてしまうこと。本来は単なる「思い込み」に過ぎないものが、強化されることで、あたかも「事実」のように定着してしまのが、やっかいなところです。ですので、ビリーフの解消は早ければ早いほどよいことになりますが、あくまで気づいたときがスタートです。


もし、恋愛に関して同じ失敗ばかり繰り返している(付き合う人がすぐ浮気する、妻子ある男性しか好きになれない、心にもないことを言って相手を傷つけてしまう、など)ような心当たりがあれば、それは間違いなく「ビリーフ」が強化されている状況です。


今回のビリーフチェンジセッションでは、実際にセッションを受けて頂く方とは別に、まだそこまでの準備ができてない人のためにオブザーバーの席を用意しております。もちろん実際のセッションの方が効果は高いですが、ビリーフは様々とはいえ、共鳴する経験や反応も決して少なくはありません。ですので、場合によっては見ているだけでもビリーフが揺り動かされることがよくあります。


また、今回はあえて「女性限定」にしていますが、それは女性ならではの深刻なビリーフを見つめるための配慮によります。もちろん各々のセッションについては絶対の守秘義務がありますので、セラピスト(石田)はもちろんのこと、参加者の皆さんにもそれを守って頂く必要があります。ですので、セッションルームでは安心してビリーフを見つめることができますので、まずは一歩踏み出してみることを願っています。(ただし、任意でセッションの感想を頂くことがありますが、その際はご本人の承諾を得た上でホームページ等でご紹介させて頂くことはあります)


最後になりますが、人生においては「結婚」は絶対ではありません。結婚しなくても人生の価値には何の関係もありませんし、十分に幸せな人生を送ることができます。しかしもし、私が「結婚した方がいいですか?」と聞かれたとすれば、「どちらでもいいと思います」と答えながらも、気持ちの上では「はい」と答えているかもしれません。ですが、それはあくまで個人的な実感によるものです。


どのような人生を選ぼうとも、あなたが幸せであればいい。だけどもし、その「人生」の中に「結婚」という選択肢を入れてもいいかと考える方は、ぜひ一度、自分自身のビリーフに向き合う機会を得て頂きたいと思っています。あなたの幸せを心から願っています。



■セミナーの対象者

・女性限定(年齢は問いません)
・恋愛、結婚したいけど、どうすればいいかわからない方
・恋愛、結婚に関して一歩前進したい方
・恋愛に関していつも同じ失敗を繰り返している方
・モテ期を引き寄せたい方




■参加者の声

●最初は、カウセリングの方法に興味があって参加したのですが、セッションが始まると方法と言うより、目の前で起こっている変化に目も心も釘付けでした。ただ全てのクライアントさんの感情に共感するわけではなく、自分の心にスイッチの入るものと、客観的に見られるものとあって、自分もセラピーを受けているようでした。

感情にリンクする時には、新聞紙で叩く音に力が入れば入る程、胸が苦しくなり泣きそうになりました(T-T)

澱のように溜まっている感情に気付く事が出来て良かったです。そして、いろいろな人のセッションを見せて頂き、人間って本当に一生懸命生きてるんだなぁと愛しくなりました。いろんなバリアを張って頑張ってるなぁと。

自分と同じバリア→共感・涙
自分には無いバリア→客観

だなと思い、自分が張ってたバリアも他の人からみれば
「そんなバリア必要ないじゃん。取っちゃえば。」
って事になるんだなぁと思い、なんか気持ちが軽くなりました。
Qさんの言われる、フィルターってこのバリアの事かと思いました。

あっても無駄なフィルターを外していって、楽しい人生にしたいです(^-^)v
今回のグループワークスでは、客観的になれたと言うことが私にはとても大きな気付きでした。
(30代・女性)


●20日はセミナーを開催いただきありがとうございました。初めての参加でしたが、内容が豊富で、日々実行することでどんどん豊かになりそうな気持になりました。「宇宙となかよし」の書籍を発売される前位からブログを毎日楽しく読ませていただいており、初めて生Qさんを見ることができ、感動ひとしおでした。ありがとうございました。私は当日公開会セッションを受けられた男性のお席の後ろに座っておりました。

公開セッションは見ている方も緊張しましたが、本人が最終的に顔色が変わっていくのを見て、誰でも子供の頃のわだかまりを手放す事が出来るのだと思いました。

私は自分の存在にたいして自信がなくて、いつもどこかおどおどしてしまう所があるのでそれを克服すべく、今回のセミナーを活用していきたいと思います。公開セッションの流れを自分で自分にやって、克服していきたいです。
(40代・女性)


●えぐられました。「深々と心をえぐられた」というのが 正直な感想です。家族の話になった瞬間、涙が出てとまらなくなって人前で恥ずかしいし、辛いし、苦しいし…でどうしていいのか分かりませんでした。

でもセッション後、首筋から肩、肩甲骨にまでいつも感じていた重いこわばりやハリがすっかりなくなりました。斜め後ろから私を見ていた〇〇さんが、

「最初は肩がこわばっていたけど、終わったらなくなってましたね」

とおっしゃっていたので、見た目にも分かる変化だったようです。

2日経った今も、肩は軽くてスッキリです。それでセッション後、どうして生きていこう、と思ったのですが…何も浮かばないんですよね。何も考えられない。いつも心を占めていた、ギラギラした欲求やこだわりがさっぱりなくなってしまいました。今あるのは、強いて言えば、「目の前にきたことを淡々とする」という気持ちだけ、です。
(30代・女性)


●先日のビリーフチェンジセミナーでは本当にどうもありがとうございましたm(_ _)m

かなりビビってましたが、実は以前から「私のビリーフは『これ』??」みたいな感覚があって、きっとQさんのセミナーで『これ』について向き合うことになるんだろう、、ってビビりながら予想してました。。

が、想像していた『これ』とは違う全く予想外のビリーフに辿り着いてかなり驚きました。驚いたというより、呆然、という感じです。

「え?これだったの?」という感じというか。。終わった後しばらく呆然だったのですが、後からじわじわと、あーそうだったのかー、こんなに普通に当たり前みたいに心に住みついていたんだーって、感じました。とにかくあんまりにも自然な感覚が実はビリーフだったっていうのが驚きで。。

ビリーフチェンジセミナーに参加する前は、セッション後はすごくすっきりして「こりゃー絶対叶うわ!!」みたいなきらめいた感覚になるのかと想像していましたが、どちらかというと拍子抜けするくらい穏やかな気持ちになったという感じでした。ビビってた緊張が解けたっていうのもあるかもですが、それとはまた別の感覚のような。。

なんとも抽象的な感想でごめんなさいm(_ _)m

でも、流れがふわっと変わった気がします。気になる人とも、またちょっぴり前進しました。それに、セミナーで知り合った子から、引き寄せセミナーで書いたことが一つ叶ったと嬉しい報告があったり!今回のセミナーも、決意して参加してほんとによかったです!
(30代・女性)


●昨日のビリーフチェンジ、とても感動的でした。まさか皆あんなに号泣するとは思いませんでした。

皆、過去に作られたビリーフで縛られている部分があるんだなと感じました。ビリーフチェンジを知ってはいたものの、実際に体感してみて、本当の意味が分かりました。見ているだけでも、息が止まるほど緊張して、とても勉強になりました。私に子供が出来たら変なビリーフを作らせたくないです。

話しは変わりますが、今日の私、今まで感じたことがないほど、心と身体が軽くてびっくりしました。肩こりがない感覚が分かりました♪これってビリーフチェンジされてる証拠ですよね!思ったのですがビリーフチェンジって究極のリラクゼーションですね。石田さん本当にありがとうございます。

それと、多目くんの話し、私の中ですごく印象に残りました。なんか、いじめられてた、のび太が自分よりできない多目くんを見た時に、優越感に浸ってしまうって所が自分とリンクする部分があるんです。私も本当に勉強できなくて運動も駄目で、バカにされて、でも有名な会社に入った時すごく優越感に浸ってしまってたんですよ。いやー、深いですね、多目くんの話。 面白かったです!まさか、ビリーフチェンジでドラえもんの話しが出てくるとは思いませんでした。こういうところが石田さんらしくて素敵ですね!
(20代・女性)


●今回みなさんのセッションを見る中で、純粋で大切な感情を感じることが出来ました。自分自身に重ねられる部分もあったりして、とても心震える貴重な体験となりました。私自身もQさんのセッションを受けて、1~2日経って、本当は自分で自分を縛っていたこと、心の奥底ではいつもどこかで自分を責めていたこと、それが自分の本当に望んでいる現実を遠ざけてしまっていたことに気が付きました。

たとえ時々でも自分を責めるということは、自分の行動をどこかで疑っているということで、それこそ誰のことも信頼できない状態ってことだったんですよね。悪循環だったんだなぁと思います。これから少しずつでも、まずは自分に優しく出来るように、リラックスして過ごしていきます。
(30代・女性)


●皆さんそれぞれに色々な思いを持っていらっしゃるのだな…と改めて思いました。穏やかに過ごせている自分があったとしても、それは感情に蓋をしていただけなのだと、あの場で気付きました。難しいですね!いろんな事に蓋をしている気がします(^^;;

恐い…というコリを外して頂いたのですが、あの後はまた蓋をしてないか?と恐る恐る確認をしていますが、大丈夫みたいです。ありがとうございました。父の事がずっと引っかかっていると自分では思っていたのですが、あの後、母の事も出てきました。意外でした。父の事が少し楽になったからなのか、元々は母の事があったのか、よくわかりませんが、セッションでして頂いたように自分自身を感じていきたいと思います。コリを見つけます(^-^)

他の参加者の方のセッションも自分が反応できたりして、とても良かったです。これからも色々な気付きを得る為にもセミナー等に参加させて頂きたいと思います。
(40代・女性)



■日時・場所

○5月9日(土) 開場 9:30、開始10:30、終了18:00
(セッションの進行状況により、時間は多少前後する可能性があります)

「LEN貸し会議室「御茶ノ水ニコライ堂前」・会議室F」
東京都千代田区神田駿河台4丁目 丸中ビル
地図・詳細はこちら



■定員・参加費

セッション :8名  27,000円
オブザーバー:12名 10,800円



<セミナーのお申込みはこちら>

<キャンセル料について>本セミナーは7日前までは振込手数料分の500円を引いてご返金させて頂きます。前7日以降前日までのキャンセルの場合、半額をキャンセル料として頂きます。当日のキャンセルにつきましては、全額をキャンセル料として頂きます。


カテゴリー: |―過去のセミナー・講演 パーマリンク