●10月19日(日)/東京/夢なに・実践セミナー~願望実現体質の作り方~



<セミナーのお申込みはこちら>

こんにちは、石田久二です。7月23日に出版しました「夢がかなうとき、『なに』が起こっているのか?(通称:夢なに)」が、ただ今、ものすごい勢いで広がっています(現在、発売2か月で5万部突破)。読者の皆さんに感謝申し上げたいと思います。「夢なに」のトピックを改めてお伝えすると、


第一章:願いを叶えるメカニズム
第二章:願いを叶えるための方法論
第三章:願いを制限する要因とその対処法
第四章:願いが叶う宇宙の法則



となります。手前味噌な話になりますが、本書一冊でいわゆる「願望実現」の「仕組みと方法」については十分に網羅しており、本書を読み込み、実践することで、誰もが「願望実現体質」が得られるようになります。


しかしながら、文字情報のみに依存する「本」という性格上、誰もが必ずしも正確な「理解」を得るとは限らないようで、実際、出版後は毎日のようにたくさんのメッセージ及びご質問を頂いております。


そこで今回、本書の内容をより発展させた実践的・体感的なコンテンツをご提供したいと考え、「夢なに・実践セミナー~願望実現体質の作り方~ in 東京」を開催させて頂くことになりました。


本セミナーのポイントは「願望実現体質」にあります。誤解を恐れずいうと、世の中は「公平」ではありません。世の中には、「願ったことが次々と叶う人」と「願ったことがほとんど叶わない人」の二通りが存在するからです。


その二通りの人たちの違いが、まさに「願望実現体質」にあるかどうか。「願望実現体質」にある人は、文字通り願ったことは簡単に叶いますが、そうでない人はどんなに念じて努力しても、ほとんど叶うことはありません。ではその違いは何なのか。次の図ですべて説明することができます。

b0002156_3325551

人生のベース(基本的な思い込み)を「喜び」に置いているか、「恐怖」に置いているかの違いだけなのです。「願望実現」とは、言い換えると「望ましい変化」のこと。


図の通り、人生のベースを「喜び」に置いている人は、「変化」に対する積極的な姿勢があるため、スムーズに願望実現を受け入れます。それに対して、「恐怖」に置いている人は、何よりもまず「安全」を求め、そのために「物質」や「地位」などで心身の安全を確保しようと働きます


極端な言い方をすれば、「喜び」ベースの人は、先に「変化」を受け入れた結果として物質(お金)があるのに対し、「恐怖」ベースの人は、何よりも先に物質(お金)を得ることで「変化」を成し遂げようとします。お金がないと不安、頼れる人がいないと不安、、、などの思いが特に強い人は、「恐怖」ベースの可能性が高いかもしれません。


例えば「夢なに」本書で紹介している「願望実現の秘伝」についても、「喜び」ベースの人は願いに焦点を合わせること自体が喜びであるため、特に抵抗もなく続き、自然と叶ってしまいます。一方、「恐怖」ベースの人は、そもそも「変化」が怖いため、願いに焦点を合わせることに抵抗が生じ、その結果、続かなくなってしまいます。もちろん叶うこともありません。


つまり、願いを叶えることにおいて、大切なのは「喜び」ベースの人生を取り戻すことだけなのです。もちろん「喜び」か「恐怖」かは程度の問題であるため、「恐怖」を「喜び」にするだけでなく、「小さな喜び」を「大きな喜び」に発展させることも可能です。



そこで今回のセミナーでは「『喜び』ベースの人生」を強化するために、以下の4つのワークを徹底して実践し、強い「願望実現体質」を手にすることを目的とします。


1.「天の声」に敏感になる

「夢なに」の第二章では、「秘伝」を実行しながら、「天の声」に耳を傾けることを説いています。ここでの「天の声」とは、いわゆる「ハイヤーセルフ」や「超意識」と言い換えてもいいでしょう。「願い」をイメージしたり、紙に書いたりすることで、確かに「叶う」ための体感が得られるようになりますが、その体感を具体化するための「道筋・方法論」については、より現実的なアプローチが必要となります。


その現実的なアプローチを示してくれるのが、まさに「天の声」です。願いを叶えるために「何をすればいいかわからない」という状態の人も、静かに「天の声(ハイヤーセルフ、超意識)」に耳を傾けることで、確実にその道筋が見え、ゴールに近づくことができます。


ここでは「天の声」に敏感になり、実現の確かさを体感するワークを行います。

■「天の声」を聞くメカニズム
天の声1
             ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
天の声2


2.ビリーフチェンジセラピー

願いを叶える上での「制限」とは、つまり「制限となる思い込み(ビリーフ、ブロック)」のこと。なぜスムーズに願いが叶わないのか。その根底には「願いを叶えるほど重要な存在ではない」、「願いを叶えるほど価値ある存在ではない」などの、意識できないビリーフが横たわっていることがあります。


ここでは、その根底となるビリーフのメカニズムについて説明し、さらに参加者の中から「2~3名限定」で公開セッションを行い、実際にビリーフが解除される瞬間を共有したいと考えています。実際にセッションを受けた人はもちろんのこと、周囲で見ているだけでも、眠っていたビリーフが起き上がる感覚が得られるものです。まさしく「体感」なのです。

■「ビリーフチェンジ」のメカニズム
beliefs


3.「つながり」と「存在」を取り戻す

制限となるビリーフの中には「私は重要ではない」、「私は存在する価値がない」なる深いものがあります。これらは願いが叶わないことはおろか、生きづらさを導く原因となっていることあります。しかし、これもまた程度問題であり、およそすべての人が持っているビリーフと言えるでしょう。


しかし、スピリチュアルなアプローチを取るまでもなく、人は誰もが生まれながらに「価値」のある存在であり、「宇宙があるから自分がいる」と同様、「自分がいるから宇宙がある」もまたビリーフを超えた真理です。


その事実を改めて確認するだけで、「さとり」に通じる、真実の体験につながることでしょう。

■「つながり・存在」のイメージ(手塚治虫「ブッダ」より)
ブッダ手塚

4.潜在的エネルギーを活性化させる

ビリーフは願いを叶える上での制限となり、それを解除することが実現において不可欠。しかし、同時進行で「勇気ある行動」が重要なのは言うまでもありません(状況にもよりますが)。どんなにビリーフを解除したところで、そこに「勇気」がなければ決して前には進みません。人間が人間たるゆえんがまさに「勇気(意思)」を持つこと。ビリーフを解除して、そのまま自動的に環境が変わるようであれば、それは動物と同じ。

そしてこの「勇気」を振り絞れるかどうかが、実現に向けたわずかな違いを生み出すのです。その「勇気」の源となるのが、まさに潜在的に眠っているエネルギーです。

人は誰もがフルにエネルギッシュな時期がありました。それは乳幼児期です。赤ちゃんは何をするにおいても全力。泣く、笑う、食べる、歩く、遊ぶ、、、すべてにおいて持てるエネルギーを最大限に使い、さらに充電のために深い睡眠に入ります。

つまり、実現の力とは「赤ちゃんの力」であり、大人になるにつれて水面下に押し込められたエネルギーを活性化することこそが、「勇気」につながるのです。そして「勇気」は出せば出すほどに膨らみ、実現に向けて急加速します。

ここでは、自らのエネルギーを体感し、さらに最大限に解放するワークを実践します。




本セミナーでは「理解」と同時に「体感」を重視します。ですので、ただ座って話を聞いているだけの姿勢では、セミナーの効果も半減しますので、いつも以上に積極的な姿勢でご参加頂けることを願っています。もっとも、何ごとも基本は「楽しむ」ですので、笑いのたえないリラックスした雰囲気で進めたいと考えています。


「願望実現体質」とは「自転車の乗り方」を覚えるようなもので、一度、その「体感」を得ると、それ以降の人生に対する不安は著しく軽減し、どんどん楽しくなっていくことは間違いありません!


なお、本セミナーは「潜在意識の情報を変える」ことを目的とするため、ランチタイムなど長時間の休憩はセミナーの効果を半減させます。10分程度の休憩はその都度取るようにしますので、その間に空腹を満たす軽食等をご持参頂くのがよいでしょう。もちろんセミナーの途中でも各自でトイレ休憩等は可能です。


そしてできればその後の「懇親会」も含めて、劇的に人生が変わる一日を共に過ごしたいと願っています!皆さんのおこしを心よりお待ちしております!



■日時・場所


・10月19日(日) 開場 9:30、開始10:00、終了18:00
         (進行により、終了時間が遅れる場合がございます)

「LEN貸会議室 新御茶ノ⽔ 4-G」
 東京都千代⽥区神⽥駿河台3-7 レン新御茶ノ⽔ビル
 (千代⽥線「新御茶ノ⽔」駅B3/B3b出⼝ 徒歩3分)
 (都営新宿線「⼩川町」駅B5出⼝ 徒歩3分)
 (丸の内線「淡路町」駅B5出⼝ 徒歩5分)
 (JR「御茶ノ⽔」駅 聖橋⼝ 徒歩5分)
 http://ishidahisatsugu.com/1019kaijou.pdf


■定員

30名


■参加費

・19,000円(当日20,000円)

※懇親会費は当日、実費にて徴収(4~5,000円)

<セミナーのお申込みはこちら>


<キャンセル料について>本セミナーは事前振込の場合、料金は19,000円となりますが、お振込後にキャンセルなさった場合、7日前までは振込手数料として一律500円を頂きます。前7日以降前日までのキャンセルの場合、半額をキャンセル料として頂きます。当日のキャンセルにつきましては、全額をキャンセル料として頂きます。


カテゴリー: |―過去のセミナー・講演 パーマリンク